• トップ

工業における歴史は

軽工業の発展の歴史にあり

軽工業の歴史につきまして

日本の産業革命は、明治時代初期の安い労働賃金を活かした欧米向けの良質な生糸を生産する製糸産業を中心として軽工業が国内で発展し、当初は輸入していた産業機械も自国で改良生産出来る様になり更なる発展を遂げ、明治時代末期の1909年には生糸の輸出世界一となった歴史があります。加えて、綿花を海外から輸入して製品化する綿糸産業や綿織物産業なども国内で発展します。しかし、富国強兵を目指し日露戦争と日清戦争を経た日本国内では、更なる軍備増強を目的とする重化学工業の発展が目覚ましく、1930年代には軽工業の工業生産額を超えて行きます。

自動車工業の歴史を研究してみる

自動車工業の歴史を研究すると、頭が良くなったような気分になれる、話題の材料に便利などがメリットです。例えば図書館に行って、自動車工業の歴史が書かれた本を読み漁ったとします。上手く頭の中にそれらの知識が入れば、頭が良くなったと感じても不思議ではないです。そして、その知識を使えば、家族や友人との話題のネタに活用できます。おそらくですが、話をすると凄いと言って褒めてくれるはずです。デメリットは仕事に役立てることはできないことです。ただ、会社の同僚との会話をする際に便利なので、学んだことは無駄ではありません。

↑PAGE TOP