• トップ /
  • ワークプラットホームとは

ワークプラットホーム

軽工業の発展の歴史にあり

ワークプラットホームの使い道

ワークプラットホームは、作業員が快適に業務を行う上で、不可欠な製品のひとつとして扱われることがあります。とりわけ、安全性の高い製品の選び方をマスターするにあたり、複数の専門のメーカーの最新製品の特長を理解することが良いでしょう。そして、ワークプラットホームのメンテナンスの時期について迷っていることがあれば、大手のメーカーのカスタマーサービスを利用することで、数々のトラブルを事前に回避することが可能です。

耐熱電線で使われる素材について

耐熱電線で使われる素材は色々あり素材によって温度の範囲が変わりものによっては冷却にも耐えうるものもあります。,例えばシリコーンゴムやガラス編などの場合-50度から180度の範囲になります。ニッケルの場合は純粋な耐熱用になり220度ぐらい耐熱効果があります。これにシリカガラス編を加えることで耐熱効果の温度が約2倍になります。,また耐熱電線は消防庁の規定に沿ったつくりの場合15分間で380℃に達する火災温度曲線で加熱されても耐える性能を持つものを指します。

↑PAGE TOP