• トップ /
  • 産業技術の輸入から始まる

自動車工業の詳細

産業技術の輸入から始まる

工業の発展と産業技術の輸入

日本の工業の歴史は、明治維新を経て始まった産業革命により平清盛が築いた武家社会による封建制度が崩れ、新しく生まれた資本主義の仕組みによって海外より産業機械及び産業技術を輸入する事で家内制制から機械制に移り変わった事で目覚ましい発展を遂げ、特に明治時代初期から欧米向けの良質な生糸を生産する繊維産業が著しい発展しています。明治維新後富国強兵を掲げる昭和時代初期の日本では、列強諸国から外貨を獲得する為に輸入した鉄鉱石や原油などの様々な原材料を製品化し、諸外国に輸出する重化学工業が台頭し始め現在に至っている歴史があります。

授業で自動車工業の歴史を教える

学校の授業で自動車工業の歴史を教えると、生徒が熱心に聞いてくれる、生徒が家族に話を伝えるなどの長所が期待可能です。自動車工業は日本の輸出関連の代表なため、その話をすれば、生徒達が熱心に聞いてくれる可能性が高いです。そして生徒達は授業で学んだことを家族に話すので、教師の授業は勉強しやすいと認識してくれる結果につながりすいです。なので後日になれば、授業をしやすくなる効果も期待できます。短所は小学校の授業だった時は、生徒が理解を示さない場合があることです。難しい言葉で教えるとわかりにくいので、優しい言葉を用いて説明すれば納得してもらえます。

↑PAGE TOP