• トップ /
  • 産業革命に始まる日本の工業

歴史に翻弄された人々

産業革命に始まる日本の工業

日本の工業の変遷の歴史

日本の工業は、明治時代初期に始まった産業革命により繊維産業や織物産業が国内の基幹産業として発展し、諸外国への輸出額が飛躍的に増加した歴史があります。更に産業革命の成功に伴い内閣の高官を兼任する軍幹部の主導で日本の軍国主義化がより鮮明に打ち出され、政府が払い下げた官営模範工場や国有鉱山、国有地、船舶などを手に入れた財閥を中心に重工業へのシフトが行われて来た歴史があります。特に第二次世界大戦敗戦後は、海外から輸入された鉄鉱石やボーキサイトなどの原材料を製品化する輸出産業が日本の基幹産業となっています。

工業の発展の歴史について

現代の社会は、様々なモノ作りの技術によって支えられているといっても過言ではありません。10年前には信じられなかった技術が今は普通に存在し、また今から10年後も、今では信じられないような技術で溢れていることでしょう。工業はそれの繰り返しであり、様々な歴史が積み重なって今があります。18世紀のイギリスの発展から急激に技術革新が目覚ましくなり、その後各国が競うように技術開発を始めます。やがてそれらは戦争で用いられるようになり、また戦争によっても新しい技術が生まれることもありました。そして戦争が終わると、次は人々の生活をより豊かにする研究や開発が行われ、今の工業技術に至ります。目覚ましい発展の裏には環境の破壊などの問題も浮き彫りになりました。これからは人間と環境が同居できる開発が求められます。

↑PAGE TOP